FC2ブログ

【悲報】 ガクト 「CDをオタクに何枚も買わせて破棄するAKB商法が音楽をダメにしている」←反論できる?  


あれ逮捕はまだなの?笑


スポンサーサイト



Posted on 2015/07/08 Wed. 16:25 [edit]

category: ダメ

コメント

タイトルの【悲報】って、どこにかかってる言葉なの?
(本文読んでも、何がどう【悲報】なのかがわからない)
なんでもかんでも【悲報】ってつければいいわけじゃないと思う。

URL | 
 | edit

AKBはアイドル業なんだから専業ミュージシャンがどうなろうと知ったことではないだろ
握手券商法のせいで音楽の価値が下がってるんじゃなくて
テレビに持ち上げられてただけの低レベル和製ミュージシャンが正当に評価されるようになっただけ
反論したいなら海外で大ヒットして見せてください、あんたらは海外じゃまるで通用しないレベルなんだよ

URL | 
 | edit

AKBもAKB商法もクソだと思うし音楽として評価されないのは理解できる
ただ音楽がダメになったのはAKB「以外」の業界やミュージシャンが原因だろ
音楽以外の付加価値で勝負してるAKBに対して純粋に音楽で勝てないんだから

URL | 
 | edit

CDなんてもう古いものなんだから、CD商法と音楽の衰退は関係ないよな。好きにやってくれと思うわ。
それよりもカスラックが張り切ったせいで街を歩いても最新の音楽がまったく流れていない。
懐メロや聞いたことないゆるいジャズばかり。聞く機会が減れば、新しい音楽を聞く人が減るのも当然。
世界的には自由に聞ける定額制のサービスが広がってきて面白い事になってきてるのに、この国の閉鎖的な音楽商法はとても残念。いいアーティストもまだまだたくさんいるのにな。

URL | 
 | edit

>>1008
定額音楽配信サービスは日本でもソニーがやってただろ
全く振るわずで終了したけど

URL | 
 | edit

そもそもオリコンみたいなチャートって音楽業界じゃなくて芸能業界だから。
芸能業界が音楽業界に乗っかってるだけ。AKBやEXILE商法を戦犯扱いしても仕方が無い。

音楽業界そのものは、ネットにかかるコンテンツ産業全般の問題。

URL | 
 | edit

「著作権」という製作者に還元されもしない権利の名の下に、
町やテレビの至る所で音楽を聴く機会を奪ったどこぞの団体の影響が大きいと思う

聞いたことも無い曲を買うことなんてない。

URL | 
 | edit

もう音楽(歌謡曲)は死んでる
いくら特典無しの時代に戻っても、あのバブリーな耳に残るヒット曲は出ないだろうね。

URL | 
 | edit

新曲や新規アーティストの曲をなんとなく聞く機会がほとんどないからなぁ
テレビも見なくなって必然的に聞く機会が減って車乗ってもラジオよりMP3垂れ流すし

ぶっちゃけ松屋行ってアニソンの販促に気づくのが関の山

URL | 
 | edit

つまらんアイドルがデカイ顔したところで、音楽自体がダメになるという事は
あり得ない。音楽で楽してメシを食ってきた競合のメジャーレーベルは潰れる
かもしれないが。

特典商法のせいで市場が縮小したんじゃなくて、市場が縮小した後だからこそ
抱き合わせ商法がまかり通るようになっただけだ、黙って格付けされてろよ。

URL | 
 | edit

>>1001
中国なんかを見ていて質の悪い商品を流通させている市場なんて
早晩滅びるべきだと思った事はないかね?

URL | 
 | edit

秋本康は今の立ち位置からして既にどういうルートを辿っても賛美されるぞ
それ故、秋本を叩く理由を見つけるのは無駄どころか逆効果だ

URL | 
 | edit

今まで月に1枚はCD買ってたけど、それはもう止める
特典商売ができず、純粋に曲だけでレコメンドしてくれる聞き放題のストリーミングサービスに使うことにした
すまんな

URL | 
 | edit

彼女らミュージシャンじゃなくてアイドルだからな
音楽じゃなくて外見を売り出してるからな
畑が違う

とはいえ、心揺れ動かせる曲を歌う歌手を見なくなったのは事実だな
あと1人の歌手よりもグループが売れているのも

URL | 
 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://affair404.blog.fc2.com/tb.php/152-d617f451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

更新

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード